banner

自賠責の一部返還

廃車買取の場合自賠責の一部返還が期待できます


私たちの生活にとって欠かすことのできない足、と言っても過言ではない自動車。

ビジネス、プライベートを問わずに、日常生活のあらゆる場面において私たちは自動車の恩恵を受けています。通勤や通学、日々の買い物や荷物運びなど、自動車が無くなってしまったら困るという人は現代人ならば少なくはないでしょう。

そんな便利な自動車ではありますが、安い買い物ではないため、一度購入をしたら長く乗り続けるのが一般的です。ライフルタイルの変化によって途中で買い替えることもあるでしょうが、特別な変化がない場合は廃車となるまで乗り続けるケースが多いと言えます。

自動車を買い替える際、ディーラーや買取業者に査定をしてもらい、金額がつけば買取ってもらうことが可能ですが、値段がつかなかった場合、廃車手続きをする必要があります。その場合はもちろん買取代金は受け取れませんし、逆に廃車のための手数料を支払わなければならない可能性もあります。

廃車をする場合、その賢い方法と言えるのが、廃車の買取業者を利用することです。一般的な業者で査定額が0円となった場合でも廃車専門業者であれば買取をしてもらえる可能性があるのです。もちろん手数料もかからずお得に廃車手続きをすることができるのです。

さらに廃車手続きをした際に受け取ることのできるお金として、自賠責保険の還付金を挙げることができます。

自賠責保険は一括先払いの方法で金額を支払っているので、廃車時に有効期限が1か月以上残っているならば、保険の解約という扱いで支払った代金が返ってくる可能性があるのです。

自賠責保険の会社の窓口へ行き、保険会社の指定する書類を提出し、所定の手続きをすれば保険金は返還されます。保険料金は月割りで計算されているケースが多いので、早めに手続きを行うと良いでしょう。手続きが遅れれば遅れるほど返ってくるお金は少なくなってしまう可能性が高くなるのです。

また、自動車税や自動車重量税も同様還付される可能性があります。

これらの税金も一括先払いで支払いを済ませているので、1か月以上の期間が残っていれば還付金を受け取ることができます。自動車税の場合は4月1日からの一年間の税金を納めていることになるので、遅くとも2月までに還付請求をすればお金が返ってきます。

自動車重量税の場合は、車検証を見て残存期間を確認すると良いでしょう。廃車をする場合、知識の有無で手元に返ってくお金に大きな差が出ます。正しい知識を持って、最善の対処をしたいですね。

Copyright(c) 2014 廃車買取を高額でしてくれる業者を知って、1円も無駄にしない廃車処理All Rights Reserved.