banner

廃車証明書について

自動車買取りと廃車の場合の廃車証明書について


自動車の買取りかあるいは廃車を依頼するかについて、もしスクラップを依頼した場合には運輸支局などで抹消登録証明がもらえます。これは廃車証明書とも呼ばれますが、この証明があれば抹消したことが分かるようになっています。

この証明書類が必要になる場合があります。たとえば自動車税や軽自動車税にはいろいろな税金の免除や減免の制度があります。特に身体に障害を持つ人の場合、身体障害者免除の規定がありますので、条件にもよりますが一定の基準を満たしていれば身体障害者免除が受けられる可能性があります。

この免除規定では、普通自動車や軽自動車を問わず、障害者一人に対して1台しか免除を受けられない制度になっていますので、軽自動車か普通自動車かのどちらか一方だけしか免除を受けられないということになります。なお、この障害免除の該当になる場合とならない場合とがあり、それは身体障害者手帳に記載されている級にもよります。手続きにはその手帳が必要となります。

こうした時に前に乗っていたりあるいは買い替えた場合に新しい方に免除をしてもらいたいと考えて申請を出す際に、前免除を受けていた自動車についてどうなっているのかを聞かれることがあります。その時に自動車の状態を示す一番いい書類が運輸支局や軽自動車検査協会などで発行されている廃車証明書正確には抹消登録証明書になります。

都道府県や市町村の中には前乗っていた自動車がこの手続きをしていないと、新しい自動車を購入した際の手続きを受け付けないというところがあります。抹消登録についてその証明書を提出するようにと指示が出される場合もあります。

このため、廃車した際には廃車証明書、抹消登録証明書を取り寄せて、また買取りをしてもらった際には自動車屋などに名義変更をしてもらって、その名義変更後の車検証のコピーなどを業者から提出してもらうなどの対応をすることも重要となります。

廃車については一般の人がするのには多少ハードルが高く、書類をそろえたりするのも手間ですから、信頼できる自動車業者や行政書士などに依頼して、しっかりとした対応を依頼する方が諸事楽ではあります。

また、廃車時の自動車税の還付などについてもいつごろ戻ってくるのかなども、依頼した先の業者なり行政書士などに確認をするなど、廃車登録についてしっかりとした認識を持っておく必要があります。業者などに任せきりではなく、しっかりと意識を持っておくことも重要です。

Copyright(c) 2014 廃車買取を高額でしてくれる業者を知って、1円も無駄にしない廃車処理All Rights Reserved.