banner

買取り業者に相談

廃車処分はディーラーよりも買取り業者に相談する


自動車の買い替えでディーラーから新車を買い受ける際に下取りとなる車がある場合、査定をしてもらいます。

この時に下取りに出す車の査定額は、新車の場合ディーラーでは最も低い金額の査定が付きます。それは、新車には各種割引が用意されており、車両本体の割引やオプションによる値引き、購入者が交渉して値引きをしてもらうなど新車の方の値引きがあれば、下取りが低くても合計での支払額が少なくなるため、これに納得する消費者は多いかもしれません。
しかし、値引は切り分けて考えないと損をします。

とくに下取りとなる車が古くて価格が付かないような場合、廃車としてみなされると、「買取りは出来ないですが、引き取りならできます。」などと言われることもあります。

当然引取りとなれば、手数料がかかります。

新車を購入することで、無料で引き取りをしてくれるというようなこともあります。廃車を無料で引き取るということは一見すごくお得というような感覚になりますが、実を言えば大きな損となっています。

廃車同然と言えども無価値ではありません。

たとえ、事故車であっても買取りをしてくれる業者はいます。

廃車と判断されたにせよ、走行が可能な場合、海外に中古車として輸出されたり、台数が少なく生産当時人気が高かったような車では、修理をしてマニア向けに再販するなど、方法は様々です。

さらに、古い車や事故車ども部品取りとして役割を果たしますし、エンジンやモーター類に使われている金属類がリサイクルに回るため、廃車になった車には高い価値が残されています。

自動車の末梢登録はそれほど費用が掛かりません

解体業者に売れば数万円で取ってくれることをディーラーは知っています。

さらに、自動車末梢登録後に自賠責保険や自動車税の払い戻しがありそれも儲けになってしまいます。廃車の専門の買取業者は、その車を査定してどのような方法で転売するかを良く知っており、より高く売るノウハウを持っています。

そのため、業者にとっては廃車買取りが仕入れとなります。買取り台数を増やすことこそが業者の利益につながるため、買い取り額をよその業者より高く設定しても獲得しようと考えるため、価格が高いのです。

下取りでの査定がゼロと言われた車でも10万円くらいになることは例が多いです。バングラディシュでは、日本の車が非常に人気で、思わぬ高額で取引されています。

そこでは生産がすでにない車も多く利用されており、部品も高く売れるため、部品取りの車も高く売れるのです。

Copyright(c) 2014 廃車買取を高額でしてくれる業者を知って、1円も無駄にしない廃車処理All Rights Reserved.