banner

税金の還付

廃車や買取り時における税金の還付について


廃車より正確には抹消登録を行った時や買取り時に名義変更ではなく抹消登録を行いその後中古車新規登録などを行った場合には、自動車税の税金が還付されることになります。なお、単なる名義変更では還ってきません。

自動車の廃車を考える際には、まずはその自動車が本当にもう乗れないものかどうか、買取りをしてもらえるかどうかを調べてみるのもよいと言えます。この場合、インターネットで自動車の見積もり一括査定などを行えば、今の廃車したい自動車の買取りの実績がある業者が見つかる場合があります。

もし、買取りの実績がある業者が見つかればそこに見積もり査定を依頼するなどするのもよいでしょう。もしその見積もりでも買取りができないと言われたら改めて廃車の手続きを行えばよく、物は試しで依頼してみるのも手段の一つです。

なお、買い取りができると言われても名義変更で対応をする場合には税金の還付はありません。そのため、自動車税の還付にこだわるのであれば買い取り業者などに抹消登録を行うように釘をさす必要があります。その後に中古車新規登録などを行えば問題がないはずだとして、あくまで自動車の廃車手続きを行うように話をするということです。

また、廃車手続きをする時期も重要です。もし3月ごろに依頼をした場合には3月中に廃車手続きが完了しない可能性がありますので、もし完了しない場合には次の年度の自動車税が課税されてしまいます。その課税を避ける意味でも3月の、次の自動車税の課税が迫る時期的にぎりぎりのときなどに行うのではなく、もう少し早めに手続きを依頼するように心がけることが大切になります。

自動車の登録手続きと自動車税の課税する事務所が異なることで、タイミングがずれることが多くありますので、年度代わりの時期などには特に注意して自動車の名義などを考える必要があります。

また、もし3月までに抹消登録ができない場合には次の年度の課税がなされてしまうわけですが、都道府県によっては一定の条件を満たせばその課税を保留することができるいわゆる課税保留の制度を導入しているところもあります。

ナンバープレートを運輸支局に返納してその返納の証明書と申立書によって、これらを提出、都道府県税事務所側でそれが受理されれば、次の年度の課税がなされないようにすることも制度上設けているところもありますので、もし3月までに抹消登録が出来なければ3月中にせめてナンバープレートの返納だけでもしておいて、税金を止める手続きを考えてみるのも一つの方法となります。

Copyright(c) 2014 廃車買取を高額でしてくれる業者を知って、1円も無駄にしない廃車処理All Rights Reserved.